読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くママの育児両立ブログ

仕事や子育てを試行錯誤しながら乗り越えて行く働く母のブログ。最近は、英語育児にちょっと足を引っ掛けています。

節約しつつ遊びに行きたい!子連れで競馬場に行ってみよう!!

f:id:nikonikohaha:20160528173047j:image
 
こんにちは、まぁのです。
 
休日の度に外出しているとお金が持ちませんね。
我が家はアウトドア派の娘に連れ出されて、よくあちこちに子出かけしてますが、コストを考えると行く場所もマンネリ化しつつあります。
でも、家でじっとしてられない娘なんで、私がイライラしないためにはやっぱり外出しなければいけない…
 
そんな中、私の父に誘われて行った場所が、意外とお金がかからず穴場でした!
 
その場所は、東京競馬場
 
昔、私が子どもの頃によく連れて行って貰って楽しかった場所だったのに、すっかり忘れてました!?最近、物忘れが悪化してますな。
 
 

競馬場のキッズ設備がすごい

 
競馬というと、ギャンブルだし良いイメージない方も多いかもしれませんが、競馬場は意外と軽いピクニック気分で行ける場所なのを知っていますか?
 
場内はほぼ禁煙でタバコ臭くなく、清掃員の方も頻繁に掃除してるから地面も綺麗。芝生はきっちり管理されてて言うことなしです。
(芝生だけの広場とかだと、裸足で芝生を歩いてるお子さんがいるほど)
 
極めつけは、子どもが楽しめる場所が多いこと!!
 
公園があり、遊具の他、水遊びできる噴水やミニ新幹線、室内のプレイルーム等があります。あとは、時期によってはポニーに乗ることも出来るしイベントが盛りだくさんです。
 
JRAのマスコットキャラ「ターフィー」くんもサンリオキャラだし、子連れ歓迎オーラが出てます。
 
競馬場入り口に迷子札のシールが配布されてるくらいだしね!
 
 

遊び場について

 
色々な遊具とかがあるので、今回は娘が楽しそうだった遊具ベスト3をご紹介しときます。
 
 
◼︎第1位、フアフアターフィー
 
f:id:nikonikohaha:20160528171849j:image
空気で膨らませたターフィーくんの中に入って遊べます。
怪我しないように、中は走るの禁止で跳ねるだけ!(ふわふわの床でボヨンボヨンしてるから、走るとしても厳しそうですが)1回に中に入れる人数を制限しているので、安心です。
 
f:id:nikonikohaha:20160528171902j:image
大人は外に待機なので、小窓から見守ります。
娘がめっちゃ楽しそうに跳ねてましたw
 
 
◼︎第2位、場内の公園遊具
 
f:id:nikonikohaha:20160528172413j:image
 
東京競馬場には場内と場外の2ヶ所に公園があります。
場内の公園は、レースが行われるトラックの内側(楕円になってるコースの中)にあります。メイン客席からかなり離れてる為か、遊び場にいると競馬場にいるのを忘れるくらい競馬ファンの歓声とか馬の走る音が聞こえなくて、隔離された別世界な気分になります。
 
f:id:nikonikohaha:20160528172421j:image
 
編み目の遊具がマイブームの娘なんで、しばらく離れずにずっと遊んでました。遊具的には幼児〜小学生くらいのレベルの遊具が合体してるので、一部の遊具(上記写真みたいな)は小学生くらいにならないと身長足りなくて一人で遊ぶには厳しそうかな?
 
でも、2歳くらいの子がスイスイと綱を引っ張って登ってたりするから、ウチの娘が運動音痴なだけかも。
 
あと、ここの公園ですが、職員の方2人くらいが危なくないように見守ってます!
 
自分の子から目を離す親は、幼児とかなら滅多にいないと思いますが、他にも見守る方がいると二重に安心出来ていいですね。
 
 
◼︎第3位、ミニ新幹線
 
私も娘と一緒にミニ新幹線に乗ってたので、写真無しですみません。
 
よくあるミニ電車の新幹線バージョンです。私が小さい頃は機関車だった記憶があるんですが、いつの間にか新幹線にリニューアルしてましたw
乗り物興味がない娘も笑顔でしたから、電車とか乗り物好きのお子さんには堪らないアトラクションだと思います。
 
 
あとは遊び場やイベントの一覧が公式サイトにあるので、そちらを参考にしてみて下さいね。
 
東京競馬場の子ども向け案内
 
 
ちなみに、これら全て無料です。
JRAすごい!ギャンブル怖い!!
 
 

東京競馬場まとめ

 
運営時間:大体9:00〜16:00くらい
※競馬開催時期によって、開門時間が異なります。
入場料:200円(15歳以下無料)
 
おすすめは、大きなレースがない土曜日です!
 
日本ダービーとか有名なレースがある日は混んでるので、子連れは大変なので止めときましょう。競馬ファンのおじさま以外の方も来るので、行きの電車から混雑が予想されます。
 
ちなみに、東京競馬場以外の競馬場も子ども向け設備が揃ってます。
レジャーシートとお弁当持っていけば、交通費と入場料だけで一日中遊べるので、試しにお近くの競馬場に一度行ってみて下さいね!
 
 
 

***************************************************

普段の何気ない日常から仕事、育児の悩み、英語教育について書いています。
読者になって頂ける方や気に入って頂けた方は下のボタンをポチっとして貰えると、大変嬉しいです!!

***************************************************
広告を非表示にする