読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くママの育児両立ブログ

仕事や子育てを試行錯誤しながら乗り越えて行く働く母のブログ。最近は、英語育児にちょっと足を引っ掛けています。

【いとしさと切なさとお弁当と】お弁当作っただけで、深みに嵌りかけた

日常
 
こんにちは、まぁのです。
 
今日は娘が通う保育園のお別れ遠足の日。
遠足ということはお弁当を作らなくてはいけないわけで、いつもより早起きして寝不足気味な私です。
 
昔から女子力が低かった私は、料理が苦手です。どれくらい苦手かというと、お弁当作るのに1時間近くかかるくらい…
料理も結婚してから夫に習ったくらいで、やらなくていいと言われたら喜んで料理を放棄します。
 

半年振りに作ったお弁当!

 
そんな母力が低い私が、半年振りにちゃんとしたお弁当を作ったので、記念に写真を上げときます。
 
f:id:nikonikohaha:20160318092335j:image
決して他の料理ブロガーと比べないように!!
 
100円ショップグッツのおかげで、なんとかマトモな物になった気がします。これを作るだけでいっぱいネット検索したり、100円ショップでグッツ探ししたりと大騒ぎ(私の中で)
 
今の状態は、一仕事終えた感じですがすがしいですw
 
まだ娘は4歳なので小さいお弁当で済みますが、これが大きくなったらもっとオカズを詰めなきゃいけないから、もっと苦労しそう。子どもから大人用まで、お弁当を毎日作っている方々は尊敬を通り越して、私からすると神の域ですね。
 

経験=料理スキルではない

 
私は結婚して7年は経過したので、料理歴も7年です。
多分、味もちょっとメシマズ~普通くらいを行ったり来たりしているくらいなハズ。こんなに長い間料理してても苦手意識が取れないので、一生料理が嫌いは直らないかと思われます。
 
ただし、お菓子作りは別。
お菓子は正確に量や時間が決まってるから、作るのは好きです。料理もそうですが、計量カップやスプーンがないと生きていけません!!
 
色々といい訳を書きましたが、結局のところ、手間隙かけて作った料理が、5分くらいで食べられちゃうからというのが一番の理由かもしれないです。
 
私の中では、”料理=時間の無駄”という分類なんでしょうね。
 
 

 娘におふくろの味をあげたい

 

で、やっとこさ本題。

料理下手な母親の元で育った場合、はたして「おふくろの味」というのはあるのだろうか?

 

・毎日苦労しながら料理をする母。

・お惣菜・レトルトの登場回数が多い母。

・完全手作りの料理は、なぜか毎回違う味付けになる母。

 

上記全部、私のことです。

 

頑張って料理しても、同じ味を再現できず、お惣菜や簡単な混ぜて炒めるだけみたいなレトルトもよく使います。お味噌汁とかも2回に1回くらいの割合でお味噌変えちゃうので、味が違います。

こんな食生活の場合は、おふくろの味ってどうなるんでしょうね。何か定番メニュー的なものを作った方がいいのかな?意図的におふくろの味を作るのもおかしいですけど。

 

娘が成長したら、一度聞いてみたいです。

 

広告を非表示にする